岡山県津山市のOKはり灸マッサージ(整体・鍼灸・マッサージ)のブログ

OKはり灸マッサージ公式ブログ

岡山県津山市下高倉西824

0868-29-3909

治療雑感

抑うつ状態は病気なのか?

OKはり灸マッサージの問診票には、精神状態を問う項目もあります。

そこの、憂うつ、やる気が出ない、に〇を付ける方は結構な割合でいらっしゃいます。

実際、精神疾患と診断されている方もいらっしゃいますが、ほとんどのケースでは心療内科などは受診していません。

ここで私(院長)は思うのです。

「抑うつは病気なのか?」

と。

もちろん、日常生活に支障をきたし、仕事に行けない、ほど重症な場合は治療が必要です。

が、人間の体調や気分は、本来、浮き沈みがあるものです。

今日はなんか調子でないなあ、とか、今日はいまいちやる気が出ない、とかいう現象は、誰にでも起こりうることで、毎日常にハイテンションでやる気満々、の方が「異常」なのではないか?

「常にハイテンション」な状態は、精神医学的に「軽躁状態」といい、立派な「病気」です。

本人的には、常にハイテンションでやる気満々、の状態は、仕事もはかどるし、第一、気分が非常に爽快で気持ちがいい。

が、精神医学的には「異常」なのです。

現在、うつ病などの精神疾患を患う人が非常に多い世の中です。

津山の精神科・心療内科は、かかりたくても常に3か月待ち状態と聞きます。

にもかかわらず、テレビ番組やYouTubeでは、出演者は常にハイテンション。

とある精神科医は、こういった状況の背景には、「適応性軽躁状態の常態化」が、社会全体を覆っている、と指摘しています。

今の社会は、(昔からそうかもしれませんが)、働く人が皆「適応性の軽躁状態」をつくって、何とか仕事を乗り切っていくように仕向けられているようなとこがあり、そういった状態についていけない人が、結局脱落し、本当の精神疾患に陥っている、というサイクルがある、という可能性にしっかりと注意を払う必要があります。

私(院長)は、個人的には「いつもハイテンションな人」を見ると、ちょっと怖いです。

人間、ハイテンションな時と同じくらい、ローテンションな時が必要なのではないか?

ということで、結論的に、ちょっとやる気が出ない、とか、気分がうつうつとする、ということは、いつでもどこでも誰にでも起こりうることであり、それを無理やり「病気」にする必要はない、ということです。

ちょっと気分が憂うつ、よりも、いつもハイテンション、の方が、実は「病気」なのかもしれませんよ。

 

 

  • この記事を書いた人

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

-治療雑感

Copyright© OKはり灸マッサージ公式ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.