岡山県津山市のOKはり灸マッサージ(整体・鍼灸・マッサージ)のブログ

OKはり灸マッサージ公式ブログ

岡山県津山市下高倉西824

0868-29-3909

治療雑感

病院で見逃されていたパーキンソン病の症例

 病院で見逃された症例

「今年に入ってから、バランスが取れなくて歩きにくい」という主訴の方がいらっしゃいました。

内科や、二軒の整形外科医院を受診しましたが、

「外反母趾が原因、インソール治療をするしかない」

と言われたり、

「わかりません、異常ありません」

と言われたそうです。

症状がよくならず、当院に来院したことのある知人の紹介で、OKはり灸マッサージに来院されました。

主訴を聞いたときから、「普通じゃないな」と思い、パーキンソン病を疑い、視診、触診。

関節他動検査をすると、上下肢ともに、「歯車現象」というパーキンソン病独特の所見ありました。

「これはパーキンソン病の疑い濃厚だ」と思い、その旨ご本人にお伝えしました。

ご本人も、医学的知識のある方で、「そうじゃないかと思っていた」とのこと。

ということで、治療はせずに、専門医の受診をすすめました。

後日、その方を紹介してくれた方が来院され、「あの人、やっぱり先生の言う通りパーキンソン病だった、早く見つけてもらって良かったと言っていた」と、ご報告いただいた。

この症例からわかることは、「病院・医院にかかっても、専門外の症状は見逃される場合がある」ということです。

鍼灸師は、どんな人が来院されるかわからないため、浅く広く病気の知識を習得している必要があります。

この方の場合、「関節他動検査」さえして、その「歯車現象」が、「パーキンソン病の疑いあり」とだけわかっていれば、もっと早く見つけることができたでしょう。

昨今、「医師が画像や数値ばかりを診て、患者さんの触診をしなくなった」と、よく言われます。

また、「専門化し過ぎて、専門外の病気の診断ができない」とも言われます。

今後、ますますこの傾向は強くなっていくでしょう。

たかが鍼灸師といえども、こういった初歩的な「除外診断」はできないと、患者さんの不利益になると、改めて、最低限の現代医学の習得に努める必要がある、と感じた症例でした。

 

  • この記事を書いた人

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

-治療雑感
-

Copyright© OKはり灸マッサージ公式ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.