岡山県津山市のOKはり灸マッサージ(整体・鍼灸・マッサージ)のブログ

OKはり灸マッサージ公式ブログ

岡山県津山市下高倉西824

0868-29-3909

治療雑感

下肢痛-ほとんどの例で痛い方の脚が長くなっている

脚の痛み

OKはり灸マッサージには、坐骨神経痛のような症状をはじめとした「下肢痛」でお困りの方のご来院が多いです。

特に、ここ最近は、下肢痛でお困りの方のご来院が立て続きました。

こういった方を、詳細に検査すると、ほとんどのケースで、

「下肢痛のある側の脚の長さが長くなっている」

ということが検出されました。

 

脚の長さに左右差は、筋肉の緊張・神経の圧迫・関節障害などを起こして痛みとなる

「下肢痛のある側の脚が長くなっている」という状態は、骨盤が歪んでいることを意味します。

脚が長くなっている側の寛骨(腸骨)がAS方向(上前方方向)へ歪んでいるのです。

寛骨ゆがみ

下肢痛の長さに左右差があると、直立するときは地面に両脚が平行になっているので、どうしても、長くなっている脚の方に力学的負荷がかかります。

要は、脚全体がギュッと潰されたような状態になる、ということです。

こういう状態になると、長い方の脚は、筋肉の緊張度が高くなります。

また、寛骨(腸骨)は、下から突き上げられる恰好となり、腰椎・仙骨・股関節と連動して、神経や仙腸関節に力学的負荷がかかりっぱなしの状態になり、結果、脚に行く神経が引っ張られたり、逆に圧迫されたり、また、仙腸関節の関節機能障害を発生させたりして、結果、「下肢痛」を引き起こします。

こういったメカニズムで下肢痛が発生しているのであれば、治療方針としては、

「骨盤の歪みを正し、両下肢長の左右差をなくすこと」

になります。

痛い状態が長く続いている場合は、それでも痛みが急に取れることはほとんどなく、何回かの治療を継続する必要がありますが、数日間という短い期間の痛みであれば、すぐに痛みが改善します。

痛みに限らず、あらゆる症状は、症状が長引いているほど治りが悪いので、できるだけ早い段階で、きちんと「改善する治療」を受ける必要があります。

 

 

  • この記事を書いた人

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

-治療雑感
-, ,

Copyright© OKはり灸マッサージ公式ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.