岡山県津山市のOKはり灸マッサージ(整体・鍼灸・マッサージ)のブログ

OKはり灸マッサージ公式ブログ

このサイトは、OKはり灸マッサージブログです。 公式ホームページはこちら↓

施術・全身の連動性

斜角筋や小胸筋へのアプローチは上部肋骨のモビリゼーションになっている

投稿日:

OKはり灸マッサージでは、基本的に、ほぼ全ての患者さんの施術において、斜角筋と小胸筋にアプローチしています。

どちらも、胸郭出口に当たる筋であるし、頭頚部アライメント修正には欠かせない筋であるからです。

ここ数日で、胸郭の重要性に気づくとともに、斜角筋も小胸筋も、上位肋骨に付着する筋であることから、斜角筋と小胸筋へアプローチすることは、イコール上位肋骨のモビリゼーションになっている、ということに気づきました。

斜角筋と小胸筋に限らず、多くの筋が肋骨に付着しています。

これらの筋のアンバランスな活動が、肋骨を変位させることは、想像に難くないでしょう。

この、肋骨の変位、が、胸椎の位置異常を発生させ、脊柱全体に悪影響が波及し、腰椎、仙骨、そして、寛骨、までが変位するに至る。

つまり、肋骨に付着する体幹筋の活動のインバランスは、骨盤アライメントをも変位させる、ということです。

さらに、胸郭は、肩甲骨アライメントや、足部アライメントとも、密接に連動しています。

このように、運動器としての胸郭は、他の部位同様、全身のアライメント、そして、その変位である「全身の歪み」と密接な関係があるのです。

これらの現象を詳細に検証している画期的な書籍、柿崎先生の「胸郭運動システムの再建法」をマスターすれば、臨床力は格段に上がるでしょう。

是非、時間の許す限り、最優先で読破したいと思っています。

  • この記事を書いた人

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

-施術・全身の連動性

Copyright© OKはり灸マッサージ公式ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.