岡山県津山市のOKはり灸マッサージ(整体・鍼灸・マッサージ)のブログ

OKはり灸マッサージ公式ブログ

施術・全身の連動性

腱鞘炎は胸郭出口に責任がある

投稿日:

最近、腱鞘炎で来院される患者さんが多いです。

ほとんどの方が、親指の付け根、短母指伸筋、と、長母指外転筋、の二つの腱が障害される「ドケルバン病」です。

その方達は、ほとんどの例で、胸郭出口部である、斜角筋部や鎖骨下筋部や小胸筋部を押さえて痛かった指を動かしてもらうと、痛みが軽減または消失します。

 

首肩こりの自覚のあるなしに関わらず、胸郭出口部の筋群の緊張が、上肢末端に行く神経・血管・リンパ・筋膜、などの流れを障害し、その結果、末端の症状である「腱鞘炎」が発生している、と推察されます。

こういった考え方は、整形外科領域やリハビリ領域ではないので、腱鞘炎をなかなか治せないのでしょう。

もちろん、OKはり灸マッサージの施術でも、直後は治ってしまったかのように良くなりますが、すぐに症状がぶり返す、ということは少なくなく、治るまでにある程度の治療回数が必要なことが多いです。

とにかく、鍼灸、整体、といった代替療法は、西洋医学にはない視点で人体を診ます。

そこが、鍼灸、整体、の強味なのです。

  • この記事を書いた人

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

-施術・全身の連動性
-,

Copyright© OKはり灸マッサージ公式ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.