岡山県津山市のOKはり灸マッサージ(整体・鍼灸・マッサージ)のブログ

OKはり灸マッサージ公式ブログ

岡山県津山市下高倉西824

0868-29-3909

鍼灸

「血流が悪い」ということの意味と鍼灸治療

ひとことで、「血流が悪い」といっても、その状態には、大きく分けて、

虚血(血管の中を流れる血液の量が不足して、血流が悪くなっている状態)」
と、

うっ血(血管の中で、血液の流れが滞って血液がたまっている状態)」
の、二つのパターンがあり、

「虚血」が「冷え」を、
「うっ血」は、逆に、熱(体温が高い低いの熱、ではなく、体の中に偏って部分的に存在する余分な正常ではない熱)
を生み出しているのではないか?と考えています。

たとえば、骨盤内での血流、についてこの考え方をあてはめてみると、

骨盤内の「虚血」が、

生理痛、生理不順、不妊、などの、機能的な症状(冷えの症状)を、

骨盤内の「うっ血」が、

卵巣腫瘍、子宮筋腫、などの、器質的な症状(熱の症状)を、

生じさせているのではないか?と、推測しています。
もちろん、両者が複雑に混在して、どちらの症状もおもちの方もいらっしゃるでしょう。
(冷え、と、熱、が同居している状態)

ですので、同じ、「血流が悪い」状態でも、この違いから、治療方法が変わってもおかしくはない、と考えます。

つまり、鍼灸治療で、血流改善を目指す場合、

お灸などで、冷えを温めて、血流改善。

針などで、熱を抜いて血流改善。

(いわゆる「ツボ」の中には、このような時に、体の中の余分な熱を体外に抜き去る効果がある、とされるツボは、たくさん存在しています)

針とお灸両方、上手く合わせて使って、血流改善。
というパターンがあると考えています。

  • この記事を書いた人

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

-鍼灸

Copyright© OKはり灸マッサージ公式ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.