岡山県津山市のOKはり灸マッサージ(整体・鍼灸・マッサージ)のブログ

OKはり灸マッサージ公式ブログ

このサイトは、OKはり灸マッサージブログです。 公式ホームページはこちら↓

施術・全身の連動性

可動域改善には筋より腱へのアプローチの方が断然有効

投稿日:

OKはり灸マッサージには、様々な部位のこり・痛みをお持ちの方がご来院されます。

こういった方は、多くの場合、体が硬くなって、関節の可動域が減少しています。

こういうケースに、マッサージ、整体、鍼灸、で対応させていただくのですが、それぞれ効果が望めます。

マッサージの場合は、筋・筋膜をゆるめることで、体がゆるみ、楽になる。

整体の場合は、骨格バランスの適正化と、関節自体へのアプローチによる関節可動域改善により、楽になる。

鍼灸の場合は、骨格バランスの適正化、自律神経バランスの改善、そして、筋・筋膜、関節がゆるむことにより、楽になる。

特に、関節可動域の減少と、こり・痛みが密接に関係している場合、筋・筋膜へのアプローチより、腱へのアプローチの方が断然有効である、と、最近わかりました。

元々、重要とされるツボは、手足末梢の腱部に集中しています。

このことと、鍼を腱と腱の隙間のツボに入れることにより、全身の関節可動域が、がらっと改善し、その結果、こり・痛み症状が劇的に改善するということは、大いに関係があることがわかりました。

これを手技で行うのは難しいですが(腱引き療法、という手技療法も存在しますが)、鍼なら簡単ですので、ここに、手技療法より鍼灸治療に大きなアドバンテージがある、ことがわかったのです。

ちなみに、手足末梢の腱部のツボに鍼をすると、中枢部の関節可動域も改善します。

不思議な現象ですが、事実なのです。

このように、マッサージ、整体、鍼灸、を、縦横無尽に使いこなし、様々な症状に対応できるところが、OKはり灸マッサージの強味なのです。

  • この記事を書いた人

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

-施術・全身の連動性

Copyright© OKはり灸マッサージ公式ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.