岡山県津山市のOKはり灸マッサージ(整体・鍼灸・マッサージ)のブログ

OKはり灸マッサージ公式ブログ

岡山県津山市下高倉西824

0868-29-3909

全身の連動性

何故、腱鞘炎になる?

手や肘の腱鞘炎でお困りの方は多いと思います。

腱鞘炎の原因は、ズバリ、「使い過ぎ」と、相場が決まっていて、誰もこれを疑う人はいません。

我々のような、治療家でさえ、そう考えて、局所しか診ない方は、結構おられるのではないでしょうか?

しかし、整体領域では、別の考え方もあります。

頚椎が歪み、さらにその影響で、肩関節が内旋し、手や肘に行く神経が引っ張られて、神経伝達が悪くなる結果、末梢に症状が出る、という考え方です。

当然、胸郭出口と呼ばれる領域は、斜角筋や鎖骨下筋、小胸筋が緊張し、狭くなっています。

さらに、神経伝達に悪影響を及ぼすでしょう。

頚椎の歪みがあるので、当然、首や肩は凝ります。

くびかたが凝っていない腱鞘炎患者を私は知りません。

そして、施術は、やはり、末梢に至る道筋をつけてやる、すなわち、おおまかに簡単に言えば、くびかたこりの治療をすることで、症状は快方に向かっていく方がほとんどです。

実際に、そういう症例を多く経験するにつれ、先の考え方は、正しいと考えざるを得なくなります。

先の原因は、別の言い方をすれば、手や腕の要である、肩甲骨、の可動性の状態が悪い、つまり、手や腕を使うときに、肩甲骨から動かすという意識が希薄で、腕の力だけで腕を使っている方に多く発症するようです。

同じように、よく手や腕を使っても、腱鞘炎になる人とならない人がいるのは、この辺に原因がありそうです。

  • この記事を書いた人

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

-全身の連動性
-

Copyright© OKはり灸マッサージ公式ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.