岡山県津山市のOKはり灸マッサージ(整体・鍼灸・マッサージ)のブログ

OKはり灸マッサージ公式ブログ

岡山県津山市下高倉西824

0868-29-3909

全身の連動性

肢端紅痛症

足先がジンジンとしびれたように痛くなる病気のひとつとして、肢端紅痛症があります。

これは、わかりやすくいえば、冷え症の裏返しです。

冷え症の原因のひとつに、自律神経による影響が考えられます。

自律神経のうちの、交感神経が作用すると血管は収縮し、副交感神経が作用すると血管は拡張します。

冷え症の人では、血管が収縮して末端の血流が悪くなります。

これに対し、肢端紅痛症では、この逆なのです。

副交感神経の作用が相対的あるいは絶対的に強くなるので、動脈が拡張するのです。

肢端紅痛症では、動脈が拡張するために、ジンジンとしたしびれ感があらわれます。

末端部分で自律神経の作用やバランスが悪いことが、この原因となっています。

どうしてそうなるか?という深い原因については、わからない点が多いのです。

この肢端紅痛症は、一見すると、神経痛のように思われますが、医学的には神経痛ではありません。

痛みは、血管痛によるものです。

この病気は、そうと診断されない軽症のものから、足先が赤く腫れ上がるほどの重症なものまであるようですが、そうと診断されていなくても、ちょっとした自律神経の不具合で、このようなメカニズムで足先がジンジンしびれている方は、少なくないのではないでしょうか。

いずれにしろ、自律神経がうまく作用していないことが原因ですので、自律神経の作用を正常化する作用のある、鍼灸治療は、軽症のものに対して有効な治療となるのでは?と考えています。

  • この記事を書いた人

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

-全身の連動性
-

Copyright© OKはり灸マッサージ公式ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.