岡山県津山市のOKはり灸マッサージ(整体・鍼灸・マッサージ)のブログ

OKはり灸マッサージ公式ブログ

岡山県津山市下高倉西824

0868-29-3909

全身の連動性

hip-spine syndrome

変形性腰椎症に起因する、二次性の変形性股関節症は、hip-spine syndromeと言われ、骨盤後傾に起因する、臼蓋形成不全から発症する変形性股関節症です。

わかりやすくいえば、年を取る、などの原因により、正常な背骨の彎曲が減少し、背骨が後ろに突き出る形の変形をきたすことにより、それに連動して、骨盤も後ろに傾き、それにより、股関節の太ももの骨を覆う部分が減少し、その分股関節の部分の圧力が上昇し、股関節の負担が増すことにより、股関節が変形する、変形性股関節症、を発症する、というものです。

このように、腰椎(背骨)と骨盤と股関節は、密接に連動していて、どれか一つに異常をきたすと、他の部位のも悪影響が及び、障害が連鎖的に起こります。

さらには、体のさらに離れた部位にも影響し、様々な部位に、様々な障害を起こします。

ですので、我々、鍼灸マッサージ師は、患者さんが症状を訴える部位だけを診るのではなく、体全体を診て、どこがどう影響を与えているか?を診て、施術に当たらねばなりません。

この、いわゆる、「体を読む」テクニックは、非常に勉強と経験が必要で、また、診ようとしなければ、何年、何十年経験を積もうと、いつまでたっても身に付くものではありません。

かくいう私も、まだまだ未熟者で、なかなか患者さん全身の連動性を限られた時間で見通すことは、なかなか完全にできるものではありませんが、勉強と、診ようとする意識を持った臨床経験により、一歩一歩前進しております。

この「体を読む」テクニックに、理学療法士の方々の視点は、非常に役に立ちます。

最近は、鍼灸や整体の勉強以上に、理学療法や、それを応用したスポーツ領域の勉強の方が多いくらいです。

もちろん、現代整形外科学の知識も必須です。

マクロからミクロへ、そしてまた、ミクロからマクロへ。

知識は邪魔になりません。

あればあるほど施術に自信が持てます。

これからも、毎日コツコツ、様々な領域の勉強を続け、知識と技術を高いレベルで持った施術家目指して頑張ります。

  • この記事を書いた人

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

-全身の連動性
-,

Copyright© OKはり灸マッサージ公式ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.