岡山県津山市のOKはり灸マッサージ(整体・鍼灸・マッサージ)のブログ

OKはり灸マッサージ公式ブログ

施術・全身の連動性

野球肩に対する考察

投稿日:

野球肩は、非効率的な投球動作が原因となり引き起こされることが多い、といえます。

効率的な投球動作は、軸脚への体重移動から始まり、軸脚で蹴り出す力によってステップ脚へ体重移動を行い、ステップ脚に力を伝えます。

次に、ステップ脚に伝えられた力は、股関節を中心とした骨盤と体幹の回旋運動へと転換されます。

体幹に伝えられた回旋力は、肩関節内旋、肘関節伸展、前腕回内へと伝えられ、最後に、手指からボールへと力が伝わり投球されます。

しかし、非効率的な投球動作では、そのような、下肢から、骨盤、体幹への連動による力の伝達を利用せずに、肩関節内旋、肘関節伸展、前腕回内、手関節掌屈に依存して投球している傾向がみられます。

そのような、上肢運動に依存した投球動作が、肩関節の機能不全を引き起こし、野球肩を発症させる、と考えられます。

したがって、野球肩に対する治療は、肩関節機能を把握するだけでなく、投球動作における、下肢、骨盤、体幹の使い方に問題がないかを把握することが重要となります。

つまり、肩痛の原因は、必ずしも肩関節機能にあるとは限らない、ということがいえます。

効率的な投球動作は、下肢、体幹からの連動によって投球側の上肢が振られて行われます。

そのため、投球動作における下肢、骨盤、体幹の使い方に原因があることも多いのです。

もちろん、投球動作は、一人ひとり異なり、個性があるものです。

ですが、必ず、共通した効率的な投球動作、というものがあるはずです。

野球肩を治療するには、投球動作のなかで動作改善を行うことが、より効果的で、投球動作を改善するためには、共通した効率的な投球動作、を理解することが重要となるのです。

  • この記事を書いた人

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

-施術・全身の連動性
-

Copyright© OKはり灸マッサージ公式ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.