岡山県津山市のOKはり灸マッサージ(整体・鍼灸・マッサージ)のブログ

OKはり灸マッサージ公式ブログ

岡山県津山市下高倉西824

0868-29-3909

鍼灸

腰部脊柱管狭窄症の症状はなぜ鍼灸治療で改善するのか?

2016年11月15日

腰部脊柱管狭窄症は、器質的疾患ですので、本来ならば、鍼灸治療は無効なはずです。

が、実際は、鍼灸治療で症状が改善する例が、私(院長)の限られた治療経験でも多くあります。

では、なぜ器質的疾患であるはずの腰部脊柱管狭窄症の症状が、鍼灸治療で改善するのか?

答えは、神経の血流改善、にあります。 腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状として、間欠性跛行がありますが、この間欠性跛行の発現メカニズムとして、歩行中に馬尾神経の圧迫が増強し、それにより馬尾神経内の血液循環障害(特に静脈のうっ血)が生じるため、ということがわかっています。 ところで、神経は、物理的圧迫を受けただけでは症状を発現しないこともわかっています。

症状を呈する場合、馬尾や神経根の炎症・浮腫などが生じて、初めて症状を呈するのです。

ですので、その炎症・浮腫が消失すれば、たとえ解剖学的に変化が起こらなくても症状軽減が期待できるのです。

鍼灸治療には、神経の炎症・浮腫を抑制する効果がありますので(特にお灸)、腰部脊柱管狭窄症の症状改善が可能なのです。

個人的には、器質的にも、鍼灸治療によって、腰部脊柱管の容量が増大するような解剖学的な変化も同時に起こせているのではないか?と、治療して改善されていく患者さんを観察させていただいて感じます。

腰部脊柱管狭窄症と診断され、薬やシップや神経ブロック注射などの標準治療で改善しない方は、是非一度OKはり灸マッサージの鍼灸治療をお試しください。

関連記事:

→腰痛、坐骨神経痛の正体~坐骨神経痛の治療

→動作改善が達成されたら自然に改善した坐骨神経痛

→梨状筋症候群

→坐骨神経痛の治療のコツ

OKはり灸マッサージの腰痛治療について詳しくはこちら →腰痛治療について

  • この記事を書いた人

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

-鍼灸
-, ,

Copyright© OKはり灸マッサージ公式ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.