岡山県津山市のOKはり灸マッサージ(整体・鍼灸・マッサージ)のブログ

OKはり灸マッサージ公式ブログ

施術・全身の連動性

インナーマッスルとアウターマッスル

投稿日:

姿勢を保つための筋肉は、インナーマッスル、と呼ばれる、身体の深層にある筋肉です。

インナーマッスルは柔軟性があり、あらゆる動きに無理なく対応でき、持久力もあります。

インナーマッスルが鍛えられていないと、姿勢を保つために、アウターマッスル、表層にある筋肉が使われるようになります。

アウターマッスルは、ダッシュをするとか、重いものを持ち上げるといった、直線的で単純な動きは得意ですが、柔軟性がありません。

そのため、本来働くべきインナーマッスルの代わりにアウターマッスルを使ってしまうと、オーバーワークになり、こり・痛みを引き起こします。

こり・痛みのない身体を実現するためには、アウターマッスルよりインナーマッスルを鍛える必要があるのです。

  • この記事を書いた人

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

-施術・全身の連動性
-

Copyright© OKはり灸マッサージ公式ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.