岡山県津山市のOKはり灸マッサージ(整体・鍼灸・マッサージ)のブログ

OKはり灸マッサージ公式ブログ

岡山県津山市下高倉西824

0868-29-3909

全身の連動性

腰痛と腹横筋

腹横筋は腹部の筋のうち最も深部に位置し、筋線維は腹部のベルトのように横に走行しています。

このことから、「コルセット筋」としても知られます。

この筋の作用は、腹壁を平らにすること、腹腔内圧を増大させること、脊柱のアライメントを整えること、です。

腹横筋は胸腰筋膜に付着することから、腰椎の安定化にも関与しています。

立位姿勢で上下肢を動かす際、姿勢保持のために最初に活動するのが腹横筋です。

腰痛患者では、腹横筋の活動の遅延がみられ、この筋活動の遅延が腰痛の原因の一つとされています。

また、この筋自体の機能不全が、腹腔内圧を低下させ、コルセット筋としての機能低下が腰椎の安定化機構の低下をもたらし、腰痛をひきおこすことは、当然のように予測されることでしょう。

ちなみに、腹横筋は、臍をへこませるように意識的に収縮させる「ドローイン」と呼ばれるトレーニングで機能アップを図ることができます。

体幹トレーニング、コアトレーニング、ピラティス、などで、このドローインが、基本的動作として重要視されるのも、この腹横筋の機能アップを狙ったものと考えられます。

津山市OKはり灸マッサージの腰痛治療について詳しくはこちら↓

→OKはり灸マッサージの腰痛治療

  • この記事を書いた人

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

-全身の連動性
-

Copyright© OKはり灸マッサージ公式ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.