岡山県津山市のOKはり灸マッサージ(整体・鍼灸・マッサージ)のブログ

OKはり灸マッサージ公式ブログ

岡山県津山市下高倉西824

0868-29-3909

全身の連動性

アトピー性皮膚炎(4)

アトピー性皮膚炎のかゆみは、抗ヒスタミン薬が効きにくいかゆみであることが知られています。

健常者の皮膚においては、知覚神経のC線維は主に表皮ー真皮境界部や真皮内に分布しています。

一方、アトピー性皮膚炎の患者さんの皮膚では、多くのC線維が表皮内に侵入し、それらのなかには角質層直下にまで伸長する神経線維も存在します。

表皮内神経線維が増生した皮膚では、かゆみ過敏を引き起こします。

これが、アトピー性皮膚炎の患者さんでは、かゆみ過敏があり、そのかゆみは抗ヒスタミン薬が効きにくい理由です。

こういった神経線維の表皮への伸長が発生するメカニズムは、健常者では、表皮において、神経反発因子である「Sema3A」が高発現し、神経成長因子である「NGF」の低発現し、神経線維が表皮内に侵入できないようになっているのですが、アトピー性皮膚炎の患者さんの表皮では、この2者のバランスが逆転してしまっているせいで、神経線維が表皮内に侵入・増生しやすくなっているのです。

表皮内神経線維によるかゆみ過敏は、皮膚バリアが脆弱していることを知らせるサインです。

皮膚が乾燥したらすぐに保湿剤を外用し、皮膚バリア機能を保護・維持すること、さらには皮膚乾燥が起こる前から保湿剤によるスキンケアを行うことで、表皮内神経線維の増生を抑制し、かゆみ過敏を予防することが重要になります。

アトピー性皮膚炎の治療においては、まずかゆみを止めることが最優先であり、その後、皮膚バリア機能を修復・保護することが大切になります。

  • この記事を書いた人

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

-全身の連動性
-

Copyright© OKはり灸マッサージ公式ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.