岡山県津山市のOKはり灸マッサージ(整体・鍼灸・マッサージ)のブログ

OKはり灸マッサージ公式ブログ

施術・全身の連動性

変形性膝関節症-骨盤後傾と膝にかかる負荷~knee-spine syndrome

投稿日:

変形性膝関節症患者さんの安静立位時、骨盤後傾位となることで、股関節は伸展可動域の限界を超え、それを補うために膝関節は屈曲位となります。

骨盤後傾は膝の負担増

この膝の関節を曲げた状態は、重心線からずれている分、通常のまっすぐに状態の時よりも余分な力がかかり、膝関節への負担が大きくなります。

正面から見た状態でも、下肢の運動連鎖により、骨盤後傾位が股関節を外旋させ、膝関節を内反させることで、重心正中線から膝関節中心点までの距離が増加し、膝関節を内転させるときの負荷が通常よりかかってしまいます。

膝関節

これらのアライメント不良から、変形性膝関節症の患者さんの膝関節症は進行していく、と考えられるのです。

  • この記事を書いた人

院長 大門信一郎

OKはり灸マッサージ院長。 はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格有。 体のゆがみと自律神経を整える鍼灸師。 鍼灸治療の他、痛くない整体や、心地よい力加減のマッサージも好評です。 なかなか良くならない症状にお悩みの方の力になれれば幸いです。

-施術・全身の連動性
-

Copyright© OKはり灸マッサージ公式ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.